世界遺産紀行
2月
シドニー オペラハウス/オーストラリア
支えとなる柱が一切なく、球体のパーツとガラスの組み合わせによる特殊な構造のオペラハウスは、20世紀を代表する近代建築の傑作。雨で自然に汚れが落ちる屋根の造りは、人の手による掃除をほとんど必要とせず特許を取得している。
今月のおすすめの一本
ウルフ ブラス イエローラベル シラーズ
Wolf Blass Yellow Label Shiraz
容量:750ml
産地:オーストラリア
品種:シラーズ
オーストラリアで多く栽培されているシラーズ種からの赤ワイン。プラムやコショウなどのスパイスを想わせ、樽感も心地よい。ローストビーフはもちろん、ラム肉や濃厚なチーズとの相性も抜群です。
ウルフ ブラス【WOLF BLASS】
 ドイツ出身の醸造家ウルフ ブラス氏は、1966年、弱冠32歳でオーストラリアのワイン銘醸地バロッサ ヴァレーに念願のワイナリーを設立。そのはじまりは、古びた軍用倉庫のブリキ小屋を改装したものでした。彼は、母国ドイツの紋章であり、移住先であるオーストラリア先住民であるアボリジニの言葉で“力強さ”と“成功”を象徴する「ウルフ(鷲)」をワイナリー名にすると決め、1974年初醸造となる「ブラックラベル」をリリース。オーストラリア国内で最も権威のある「ジミー ワトソン トロフィー」を3年連続で受賞する快挙を果たし、一躍脚光をあびます。
 以来、“高品質で誰もが楽しめるスタイル”という哲学を貫き、国内外のワインコンクールにおいて、実に8500超もの賞を受賞。「インターナショナル ワインメーカー オブ ザ イヤー」にも2度選出される栄誉に浴してなお、よりよいワインを探究し続けるワイナリーであり、南オーストラリア州内に複数所有している畑のテロワールを生かした、まろやかで素晴らしい香味のワインを醸しています。そのワインやスパークリングワインは常にワインファンを魅了してやみません。
(左)創業者/
ウルフ ブラス氏
(右)醸造責任者/
クリス ハッチャー氏
ウルフ ブラスのお買い求めは、やまやグループ各店 、または やまや宅配 で。