世界遺産紀行
3月
フィレンツェ/イタリア
中世からルネサンス期にかけ、ヨーロッパの商業、金融、文化の中心となった花の都。旧市街に遺された多くの芸術スポットは、巨万の富を誇ったメディチ家の繁栄を今に伝え、街全体がひとつの大きな美術館に例えられる見応えにあふれている。
今月のおすすめの一本
ルフィーノ キャンティ
フィオレンティーナ
Ruffino Chianti Fiorentina
容量:750ml
産地:イタリア トスカーナ
品種:サンジョベーゼ主体
   その他DOCGで認められた赤葡萄品種
   メルローやカベルネソーヴィニヨンなど
ルフィーノ キャンティはフルーティでフローラルな香りにスパイスとへーゼルナッツのようなアロマが漂う、親しみやすく飲みやすいワインです。口に含むとバランスがよいミディアムボディでやわらかく、心地よいフルーティさが表れます。
ルフィーノ【RUFFINO】
 ルフィーノ社は1877年イタリアの名家ルフィーノ男爵家の二人の従兄弟、イラーリオ ルフィーノとレオポルド ルフィーノによってトスカーナ州フィレンツェ近郊にあるポンタッシエーヴェに設立されました。トスカーナ州は豊富なミネラルを含む土壌、地中海からの涼しい風、乾燥した夏といったぶどう栽培に最適な気候に恵まれ、何世紀もの間、良質なぶどうの生産地として知られていました。彼らは伝統的製法と革新的技術により設立後わずか数年でそれを体現するワインをリリースし、ヨーロッパで高い評価を受けはじめ、1895年にはボルドー コンクールで金賞を受賞したのを機に、キャンティと言えばルフィーノ、と言われるほどその名声を高めています。
 現在では、ワインのみならずスパークリングワインにおいても、イタリアのライフスタイルと品質の象徴となり高品質イタリアワインのスタンダードブランドとして、世界中にその名を馳せています。
ワイン生産チーフ/
ガブリエーレ
タッコーニ氏
私はトスカーナの風景、歴史、そして質の高いワインを愛し、深い愛情を感じています。スタッフ一人ひとりが皆、ここで造られるエレガントなワインに誇りを抱いており、社史を通して設けられた高いスタンダードを今後も守っていくことを願っています。
ルフィーノのお買い求めは、やまやグループ各店 、または やまや宅配 で。